4畳半のスキマから

日々学んだことを垂れ流すブログ

ダイアトニックコードとはなんだ?

f:id:hirasedaichi1:20190105031523j:plain

こんにちは、ヒラセです

 

作曲を始めるにあたって、ダイアトニックコードの学習は非常に重要になってきます。

 

今日は作曲初心者に向けて、ダイアトニックコードの解説と、ダイアトニックコードを簡単に覚える方法を説明していきたいと思います!

 

ダイアトニックコードとは

ダイアトニックコードとは、ダイアトニックスケールに音を重ねてできるコードのことをいいます

 

ダイアトニックスケールの音のみでできているコードであるため、ダイアトニックコードと呼びます。

 

ダイアトニックスケールってなに?というかたはこちらの記事をご覧ください

 

www.ototuku.site

 

ダイアトニックスケールは、特定のキーで自然に聞こえる音の集まりです。

 

そのため、ダイアトニックコードも自然に聞こえるコードとなるわけです

 

メロディにコードをつけたいときはダイアトニックコードを使うと自然なコードをつけることが可能にないります

ダイアトニックコードはどのようにできている?

ダイアトニックコードがどのようにできているのか、作り方を画像で説明していきます

 

例としてキーCであるときのダイアトニックコードの作り方を見ていきます

 

f:id:hirasedaichi1:20190106033000p:plain

ダイアトニックコードは、ダイアトニックスケールを元につくられており

 

キーがCのときのダイアトニックスケールは、Cメジャースケールになります。

 

f:id:hirasedaichi1:20190106033754p:plain

ダイアトニックコードの作り方は、図のようにダイアトニックスケールの音を2つ飛ばしで重ねていきます

 

f:id:hirasedaichi1:20190106033937p:plain

 

するとこのようにド、ミ、ソ、と重ねることができます。これはCコードです。

 

f:id:hirasedaichi1:20190106034341p:plain

 

同じ要領で、他の音も2つ飛ばしで重ねていきます。

ダイアトニックスケールの音は7種類あるので、ダイアトニックコードは全部で7種類似なります。

 

f:id:hirasedaichi1:20190106034714p:plain

このようにしてダイアトニックコードはできています。

 

キーCの場合のダイアトニックコードは

C、Dm、Em、F、G、Am、Bmb5となります。

 

作り方は、キーがマイナーであっても一緒です。

2段飛ばしでダイアトニックスケールの音を重ねていけば、出来上がりです

 

キーごとのダイアトニックコードをご覧ください

hina-anzu.com

 

ダイアトニックコードの簡単な覚え方

 

ダイアトニックコードの表を見てもらった方なら分かると思いますが、まあ覚えるのはめんどくさいです。というか僕はおぼえてません笑

 

じゃあ僕はいちいち表をみているのか?というとそうではありません。

f:id:hirasedaichi1:20190106034714p:plain

こちらの画像の下に、ローマ数字がつけてあるのが分かると思います。

左から

 

Ⅰ、Ⅱm、Ⅲm、Ⅳ、Ⅴ、Ⅵm、Ⅶmb5

 

実はこれを覚えているだけです。

キーがメジャーの場合ダイアトニックスケールの二番目、三番目、六番目、がマイナーコード。七番目がマイナーフラットファイブになると覚えるだけです

 

キーがCの場合は、ドレミファソラシ=CDEFGABの2.3.6.7番目が変わります

 

DEFGAB→CDmEFGAmBmb5

 

 

これはキーが変わっても同じことが言えます。

 

例えばキーがDの場合 レミファ#ソラシド#レ=DEF#GABC#

このときのダイアトニックコードは

 

EF#GABC#→DEmF#mGABmC#mb5

 

つまり、キーがメジャーの場合そのキーのダイアトニックスケール(メジャースケール)Ⅰ、Ⅱm、Ⅲm、Ⅳ、Ⅴ、Ⅵm、Ⅶmb5さえ覚えていれば簡単にダイアトニックコードを割り出すことができるようになるんですね

 

Ⅰ、Ⅱm、Ⅲm、Ⅳ、Ⅴ、Ⅵm、Ⅶmb5が使えるのは、キーがメジャーのときの話になります

キーがマイナーのときのダイアトニックコードの覚え方

 

キーがマイナーのときも根本的に先ほどお伝えした考え方で問題ないです。

 

マイナーのときは

 

Ⅰm、Ⅱmb5、Ⅲ、Ⅳm、Ⅴm、Ⅵ、Ⅶをマイナースケールに当てはめて考えればよいです

 

ただ、実はもっと簡単な覚え方があります。というか実は覚える必要すらありません。

僕もキーがマイナーのときにⅠm、Ⅱmb5、Ⅲ、Ⅳm、Ⅴm、Ⅵ、Ⅶをつかって考えていません。

 

なぜかというとキーがメジャーのときのダイアトニックコードを全て使えるようになれば、同時にキーがマイナーのときのダイアトニックコードも全て使えるようになっているからです

 

 

きちんとメジャースケールとマイナースケールを理解している人なら分かると思いますが、CメジャースケールとAマイナースケールは使っている音が同じです。

 

それはつまり、キーCのダイアトニックコードとキーAmのダイアトニックコードは同じコードを使っていることになります

 

もう少し詳しく説明しますね

 

キー=Amのときのダイアトニックスケールは、ラシドレミファソラになります。

このときのダイアトニックコードは

Am、Bmb5、C、Dm、Em、Gです

 

キー=Cのときのダイアトニックスケールは、ドレミファソラシドになります。

 

キーAmのダイアトニックスケールと比べると

ラシドレミファソラ=ドレミファソラシド

並びが変わっているだけで使っている音は変わりません。

 

Cのダイアトニックコードは

C、Dm、Em、F,G、Am、Bmb5です

こちらもキーがAmのときのダイアトニックコードと比べて並びが変わっているだけで使っているコードはかわっていません。

 

このように、メジャーキーのダイアトニックコードを覚えれば、別のキーのマイナーコードを覚えたことになるため、わざわざキーがマイナーのときのダイアトニックコードについて覚える必要は無いのです。

 

キーC=Amから分かるように、メジャースケールの6番目の音(ドレミファソシド)がマイナーキーになります。

 

言っている意味がよく分からない方は、メジャースケールとマイナースケールをきちんと学びなおしてきてもらうか

 

マイナースケールを元にⅠm、Ⅱmb5、Ⅲ、Ⅳm、Ⅴm、Ⅵ、Ⅶを考えて貰えれば大丈夫です

 

 まとめ

以上、ダイアトニックの解説とダイアトニックコードの簡単な覚え方でした。

 

ダイアトニックコードをおぼえておくと、メロディにコードをつけられるようになるので是非きちんと理解してみてください^^

 

ダイアトニックコードを使った作曲方法はこちらをご覧ください

 

www.ototuku.site

 

以上ヒラセでした、またね~