4畳半のスキマから

日々学んだことを垂れ流すブログ

目標を達成するための目標設定法を調べて分かった共通点

f:id:hirasedaichi1:20190102232023p:plain


こんにちは、ヒラセです

 

新しい年になって今年の目標を立てるかたも多いと思います

 

僕も年初めなので新たに目標を設定してやっていきたいと思っております

 

年があけてから、ツイッター、ブログ、ボイシー、youtube、ニコニコ動画などであらゆる著名なかたが目標の立て方について述べていました

 

どんな風に目標をたてるのがよいのかな?と感心があったのでいろいろ見て回っていた僕ですが、一通り見ていいって「根本はみんななんとなく同じことを言っている」と思いましたので

 

今回の記事では、目標設定のしかたについて成功者達はどのように述べているのかについて共通している部分をまとめていきたいとおもいます

 

 

目標設定で大切なのはモチベーションを保てること、具体化すること

 

今回一通り見ていて思ったのは、目標設定の肝は「いかにモチベーションを保つか」「いかに目標までの道のりを具体的に描けるか」というところでした

 

まあ考えてみればあたり前っちゃ当たり前のことですが、案外この当たり前のことができていなくて目標が達成できないことが多いのだそう。

 

それぞれどのようすればよいのか、述べていきたいとおもいます

 

モチベーションを保つ目標設定のしかた

目標を設定した当初はやる気満々ですから、すごく活力をもって行動できるとおもうんですよ

 

でも、次第にそれは下がっていきますよね?人間なのでそれはしょうがないです

 

ただ、モチベーションは高いに越したことはないので、できればモチベーションは高く保ってたいですよね

 

そのための方法を紹介したいと思います

1.目標に幅を持たせる

 

モチベーションを保つ目標設定の仕方として、幅を持たせて曖昧にするというものがあります

 

そのほうが挫折が少なくなってモチベーションの低下を防げるそうです

 

例えば毎日1キロ走りたいとします。

いけない目標設定は、「毎日1キロ走る」です

 

幅を持たせる目標設定だと、「毎日0.5~1.5キロくらい走る」になります

 

曖昧にしておくことで、たとえその日に0.5キロしか走れなくても、「まあOKでしょ」と自分を許すことができモチベーションの低下を防ぐことができます

 

とくにこの方法は長期目標を立てるとき大いに役立ちます

 

2.目標を細切れにする

 

後述する具体化の話とかぶってくるのですが、目標を細切れにするというのもモチベーションを保つのによいです

 

多くのかたが立てる目標は大体1年スパンだと思うのですが、それを1ヶ月おきの目標に変えるなど、短期間での目標をたてて行動するようにするのです

 

1.の目標の立て方と併用して、長期目標は幅を持たせて曖昧に据えておき、短期の目標を立てておく。これがモチベーションを保つためのよい目標設定の方法だとおもいます

 

3.記録をとって、前進している感覚をつかむ

 

「マネージャーの最も大切な仕事」というほんの中で紹介されている、モチベーションをアップさせる上で最も大切なことは、前進している感覚を感じることと述べられています。

 

この作者は研究者であり、200人以上のビジネスマンのモチベーションの変化を20000時間以上観察したそうです。

 

前進している感覚が大事というのは、その中で知りえた研究結果の一つになります

 

前進している感覚を感じるのに大切なことは、記録することです

 

毎日自分の取り組みを記録することで確実に進んでいる感覚が得られ、それはモチベーションアップにも繋がります

 

目標を達成するために必要な具体化の方法

 

目標を達成するにはそれまでの道のりが曖昧ではいけません。

 

「東京から大阪にいきたい!」と思っても道のりが曖昧では大阪にはつきません

 

長期目標はざっくりとした曖昧なものがモチベーションが保ちやすくなるのですが、短期で考えると具体的にしないと行動に移せずモチベーションが下がってしまいます。

 

具体化するために必要なのは細分化です。細分化するのは、期間とタスクになります

 

期間の細分化

目標を立てたら、目標から逆算して、どのような手順を踏む必要があるのかを

 

考えましょう

 

そうすることで、目標達成までの道のりを把握することができ、行動に移しやすくなります。

 

タスクの細分化

 

目標達成に必要なタスクを細かく分けて細分化しましょう。

 

そうすることで、より鮮明に何をすればいいのかが見えてくるため、目標達成の可能性がみえてきます。

 

 

まとめ

以上目標達成のために必要な目標の立て方の紹介でした。

 

いかにして、モチベーションを保つか(行動を継続するため)。いかにして、達成するまでの具体的な道筋が描けるかが目標を立てるうえで大切になってきます。

 

逆に言えば、この二つができていればやり方は何だっていいと思います。

 

是非今年の目標を立てる際の参考にしてみてください^^