4畳半のスキマから

日々学んだことを垂れ流すブログ

【4畳半は狭い?】2年間住んで感じたこと、メリット、デメリット

f:id:hirasedaichi1:20190117173045j:plain

こんにちは、ヒラセです。

 

2年前に東京に越してきてから、現在進行形で4畳半のワンルームに住んでいます。

 

友達に「4畳半に住んでるだよね~」というと、「ええ!?生きていけるん??」なんて返しがちょくちょくあります。大丈夫です。生きていける。

 

今回は「4畳半で暮らすってどんな感じ?狭い感じするけど、生活できるの?」と、気になっている方にむけて記事を書きます。

 

これから一人暮らしを始める人や、引越しを検討している人の参考になれば幸いです。

4畳半は狭い?実際に暮らしてみての感想

実際2年間暮らしてみての感想は、「確かに狭いと思うけど、4畳半が自分の標準になるから問題ない」です。というか、問題があればすでに引っ越してます笑

 

まあ、当たり前っちゃ当たり前ですが、4畳半は狭いです

ただ、1週間もすれば慣れます。住めば都は本当ですね。

僕も越してくるまで4畳半に住んだことがなかったので、初めて内見したときは「うわ、狭い!生活できるかな?」と少し不安でした。不安だけど家賃は抑えたい。


東京の区内で安く暮らそうと思ったら、部屋を狭くするか、風呂なしを選ぶかしかないんですよね^^:僕は部屋を狭くするほうを選びました。

住む人の気質によっては「むり~」という方もいるかもしれませんが、僕の場合は程なくして狭さになれましたね。

4畳半の実際の広さを測ってみた。

f:id:hirasedaichi1:20190117172343j:plain



僕の部屋の間取りはこんな感じです。

4畳半、といわれてもピンとこない人もいると思うので、実際に測ってみました。

めんどくさいので、メジャーは使いません。

僕の身長が170cmなので、寝そべって大体どのくらいかを調べました。

f:id:hirasedaichi1:20190117172417j:plain

縦、1.3ヒラセ。横1.8ヒラセくらい(縦210cm横300cmくらい)


チェホンマンの身長が220cmなので、縦幅はだいたいチェホンマンの眉毛あたりと想像してもらえればもっと分かりやすいと思います。


普通に、両手両足を広げても眠れるくらいのスペースはありますね。

家具を置いてくると話は別になるんですが。

4畳半のメリット、デメリット

f:id:hirasedaichi1:20190117173214j:plain

大きさの感じはなんとなくイメージして貰えたとおもうので、次に4畳半のメリット、デメリットにふれていきます。

メリット

家賃が安い

部屋がせまいので、当然、住む地区内では家賃がかなり抑えられます。

ミニマリストとか、狭い部屋が好きとか特別な理由がない限り、家賃の面で4畳半を選択する人が多いのではないでしょうか?

 

4畳半を選ぶ最大のメリットですね。

すぐに片付く

僕は昔から片づけが得意ではありません^^:ですが、部屋が狭いので、散らかってもすぐに片付きます。

住む家が広くなると、あっちこっち散らかっちゃうからね笑
最大級に散らかってしまったとしても、1時間本気を出せば、大丈夫です。

(最近は、こまめに掃除するようにがんばってるんだぞ・・・)

部屋の温度調整がしやすい。

部屋の温度を変えやすい部屋が狭いので、冷房、暖房がすぐに効きます。温度の調節がしやすいです。

広い部屋だと、冷房暖房が効くのに時間がかかってしまうのでね。地味ですが、これも4畳半のメリットの一つです。

広い部屋のありがたみを知る

4畳半に住めば、次に引っ越した先が6畳であったとしてもめちゃくちゃ広く感じるでしょう。

実際に、友達の家に遊びに行っても「広い!うらやましい(6畳)」という心理状態になります。

些細なことかもしれないけど、こういう些細なところでありがたみを知ることができるのは、自分の幸福度を上げるために大切なことだと思う。

デメリット

次に、デメリットについて触れていきます。

スペースを取るものは、置けない

部屋が狭いので、どうしても、スペースを取るものが置けなくなります。
置けないこともないけど・・・詰むで?笑

僕はなるべくスペースを確保したいので、布団で寝ています。

ベット置いてもいいと思うけど、ご飯食べるときとか困るし、おすすめはしないかな。

 

あと、4畳半の部屋を検討しているなら、洗濯機のスペースは確認しておいた方がいい。


洗濯機おけなくて、コインランドリーじゃ折角家賃を抑えたのにもったいないからね。
洗濯機を設置することが可能かどうかは確認しておこう。

すぐに散らかる

狭い部屋は、すぐに片付くし、すぐに散らかります。(それ、お前の性格の問題じゃ?という突っ込みはナシで)

 

届いた荷物をちょっと置いとくだけでもすごく邪魔です。

ただでさえ狭いのに、より生活空間が狭められるとちょっとストレスかなあ。


4畳半に住むならこまめに掃除した方がええで。

匂いや煙が充満しやすい

狭いので、匂いとか煙があっという間に充満します。

シンクとか、こまめに掃除しないとちょっと不衛生かも。


煙がすぐに充満するので、シャワーの煙で火災報知機を過去に2回も鳴らしました笑

普通の部屋より、換気をこまめにした方がいいかもね。

作業と、遊びを分けられない

家で、勉強や作業と、遊びを「部屋毎にを分けたい」って人がいるかもしれないんだけど、ちょっと4畳半じゃ物理的に難しい。

6畳くらいあったら、ワンルームでも、机を2つ用意したりして工夫できるとおもうけど、4畳半じゃ狭いかな。

家でよく作業をする人は、ロフトつきの部屋を探した方がいいかも。

人を呼びにくい

人は基本的に呼べないと思ってもらって結構です。

1人呼ぶぐらいならまあワンちゃんいけるかもだけど、2人以上になると、どうしても狭さをかんじてしまいます^^:

大きい机も置けないしね。
自宅でパーティ!みたいなのはあきらめてください笑

 

4畳半の部屋で快適に暮らすための工夫

 

f:id:hirasedaichi1:20190117173329j:plain

4畳半の部屋で快適に暮らすには、いかにスペースを確保するかが大切になってきます。


スペースを確保するには、まず、机や椅子は折りたためるものを用意しましょう。

使わないときの、机や椅子は邪魔でしかないですからね^^:


あとは、縦の空間をうまく利用してください。


具体的には、壁に物を引っ掛けられるように工夫したり、ロフトベットを購入するなどが手っ取り早いですね

 

まとめ

 

4畳半の生活は、めちゃくちゃいいよ!っておすすめはできないけど、慣れれば全然問題ないし、家賃抑えたいなら選択肢の一つにいれていいと思う。

部屋のレイアウトを工夫すればスペースも十分確保できるし、「いかに部屋を広く使うか」を考えるのも楽しい。

是非、ベストな部屋選びの参考にしてみてね!