4畳半のスキマから

日々学んだことを垂れ流すブログ

【あなたの文章、読まれてる?】ブログの文章で気をつけたい5つの項目

f:id:hirasedaichi1:20190112163602j:plain

こんにちは、ヒラセです

 

いきなりですが、アナタのブログはきちんと最後まで読まれる文章で書けていますか?

 

自分ではいい文章がかけたつもりでも、早々に読者が離脱していた・・・ということは悲しいですが多々あることです。

 

僕は、折角書いた文章が読まれないのは嫌なので文章表現について色々学習しました。

 

今回の記事では、読まれる文章を書くために気をつけるべき項目を5つ、分かりやすく紹介していきたいと思います。

 

ブログの文章で気をつけるべき5つの項目

文章を最後まで読んでもらうには、以下5つの項目について考える必要があります。

  1. 分かりやすい文章
  2. 説得力のある文章
  3. 感情を揺さぶる文章
  4. 臨場感のある文章
  5. 共感される文章

どのようなブログを書いていくのかによって重視する点も変わるのですが、この5つを抑えておくことで読者を上手に引き込むことができるでしょう。

それぞれ一つずつみていきましょう。

1.分かりやすい文章

f:id:hirasedaichi1:20190112170657j:plain

ブログを最後まで読んで貰うには、分かりやすい文章を書くことが大切です。
文章が分かりにくいと、どんなにいいことが書いてあってもあまり読む気にはなれないと思います。

 

分かりやすい文章を書くには

  • 箇条書き
  • 一文一義

を意識するのが大切です。

1-1箇条書き

箇条書きにすることで、視覚的に分かりやすくなります。

この記事でもちょくちょく箇条書きを使っていますが、横に羅列されるよりも、ぐっと見やすくなっていませんか?

例えば冒頭で述べたこの文。

 

文章を最後まで読んでもらうには、以下5つの項目について考える必要があります。

  1. 分かりやすい文章
  2. 説得力のある文章
  3. 感情を揺さぶる文章
  4. 臨場感のある文章
  5. 共感される文章

 

これを箇条書きにせずに書くと

 

文章を最後まで読んで貰うには、5つの項目について考える必要があります。
1.分かりやすい文章2.説得力のある文章3.感情を揺さぶる文章4.臨場感のある文章5.共感される文章

 

 いかがでしょうか?なんだかわかりづらいですよね?

 

このようにいくつか項目を挙げるときは、箇条書きにしたほうがよいです。

1-2 一文一義

「一文一義」とは、一つの文には一つの事柄について書こうねと言う意味です。

一文一義に気をつけると、文章が整理されて分かりやすくなります。

 

例えばこの文章

 

僕は昨日プールにいって、お父さんには「走るな」といわれていたのに、気分がよくなって走ってしまい、滑って転び、頭を強く打って、すごく怒られた。

 

 文章が繋がりすぎているため分かりづらくなっていると思います。この文章に一文一義を適応すると

 

僕は昨日プールに行きました。お父さんには「走るな」といわれていたんです。だけど、気分がよくなって走ってしまいました。その結果滑って転び、頭を強打。すごく怒られた。

 

このように適度に区切ることで、読み手が理解しやすくなります。

 

 

一文一義を意識する際に注意することは、あまり区切りすぎると淡白な文章になってしまうところです。

基本的には一文一義を意識して、少し読み直した時に不自然な感じがするなら、分かりにくくならない程度に文章をうまく繋げてあげることも必要になります。

 

2.説得力のある文章

f:id:hirasedaichi1:20190112170719j:plain

説得力のある文章は読み手の関心をグッとひきつける力があります。説得力が記事の信頼へと繋がり、結果として文章を最後まで読んでもらえることに繋がるのです。

 

文章に説得力を持たせるには

  • 数値を入れる
  • 具体的な名称を入れる

この2つを意識するとよいです。

2-1 数値を入れる

数値を用いることで、文章に説得力が増します。

 

例えば、「おにぎりをたくさんたべた」という一文があったとしましょう。

「たくさん」という表現は読者によって価値観は様々だと思います。ある人にとっては3個かも知れないし、ある人にとっては、10個かもしれません。

 

次に「おにぎりを20個たべた」という一文にしてみます。

数値を用いることで、「たくさん食べた」と書くよりもより説得力が増したと思いませんか?

 

このように数値を適切に用いることは説得力を高めるために有効な手段です。

2-2 具体的な名称を入れる

説得力のある文章を書くためにはいかに具体的に書くか、ということが大切です。

 

さきほどのおにぎりの例文をもう少し具体的にしてみましょう。

 

「おにぎりを20個食べた」と書くよりも

  • 「大人の手のひらくらいの大きさのおにぎりを20個食べた」
  • 「そら豆くらいの大きさのおにぎりを20個食べた」

このように具体的な名称を用いて表現することでよりイメージしやすくなり、文章の説得力が増したと思います。

 

このように具体的な名称を用いることで、より説得力のある文章を書くことが可能です。

3-1 感情を揺さぶる文章

f:id:hirasedaichi1:20190112170735j:plain

人は、自分の心を動かしてくれた対象に大きく関心を抱くものです。


それは、ブログも例外ではありません。

文章のどこかに、感情を揺さぶるような表現があればそれだけで読者は最後まで読みすすめてくれる可能性があります。

読み手の感情を揺さぶる文章は

  • 五感を刺激する
  • 主観で書かない

この2つが大切です。それぞれ見ていきましょう。

3-1 五感を刺激する

 

五感を刺激することは、読み手の感情を揺さぶることに繋がります。ここでは「雪山で遭難」をテーマに例文を書いていきたいと思います

 

僕は雪山で遭難した。ゴオゴオと風が吹き荒れる中、ざく、ざくと(聴覚)雪を踏み固めながら進んでいく。視界は2メートル先も見えない。一面真っ白だ。(視覚)吹き付ける風がキリリと僕の体を刺すようで痛い。(触覚)限界だ、水筒にいれていた味噌汁を飲もう。震える手でどうにかコップに注ぐと湯気と味噌の香ばしいかおりがふわっと広がる(嗅覚)すぐさま口へ運ぶ。あたたかい。適度なしょっぱさが口に広がる。(味覚)冷めてしまわないようにさっとふたをした。もう少し歩けそうだ。そうしてまた、僕は一歩づつ足をすすめた。

いかがでしょうか?つたない文章なりにも五感をいれることですこし情景が浮かぶような文章になったのではないでしょうか?

 

このように読み手の感情を揺さぶるには、五感に訴えかけるのが有効です。

3-2 主観で書かない

主観ばかりで文章をかかないことも感情を揺さぶるために意識する点です。

 

感情を伝えるときに、「かなしかった」「うれしくなった」「くやしかった」と主観ばかりで書かれた文章は程度が浅く伝わってしまうことがあります。

 

そうではなく、第三者の視点から自分の感情を描くことが大事です。
こうすることにより鮮明に感情を伝えることが可能になります。

 

例えば悲しい恋愛の映画を見たとしましょう

 

主観的に「恋人との別れのシーンをみて、僕は涙がでそうなくらい悲しくなった」と伝えるよりも

 

第三者の目線から「恋人との別れのシーンをみて、僕は唇をかんで涙をぐっとこらえていた」と伝えた方が、映像としてイメージできませんか?これが第三者の目線で自分を描くということです。

 

自分の感情を伝えるときは、第三者の目線を意識してみてください。

4. 臨場感のある文章

f:id:hirasedaichi1:20190112170757j:plain

臨場感とは、その場に自分を置いているような感覚のことをいいます。

臨場感を意識すると文章が淡白になってしまうことを防いでくれます。
淡白な文章はそっけなく感じられ、読者の離脱を招いてしまいかねません。

 

臨場感を出すには

  • 発言を入れる
  • 文末を変化させる

この2点を意識することが大切です。詳しくのべていきます。

4-1 発言を入れる

文中に発言をいれると、臨場感が増します。

登場人物の台詞がない小説に臨場感を感じることは難しいですよね?

それはブログの記事にも言えることです。



たとえば商品紹介の記事なら、それを使った人の感想。

 

「使ってみてすごくよかった!」

「こんなに効果が出るなんて思いもしませんでした!」

などと書くと、臨場感がまします。

加えて記事の客観性も増して、説得力も上がるでしょう。

 

読者の悩みを解決するような記事なら、読者の気持ちを想像して代弁してあげるのもアリです。

 

このように文章に適宜、発言をいれてあげるとよりよい文章へと生まれ変わります。

4-2 文末を変化させる

文末を変化させることで文章にリズムができて、臨場感がうまれます。
この記事も、文末の表現ができるだけ重複しないように気をつけているのに気が付きましたか?

 

同じ文末が続いてしまうと淡白な印象を与えてしまいます。

 

例)

明日は遠足です。すごく楽しみです。おやつはバナナです。もっとほかにもいろいろ食べたいです。

 

 

このように「です」が連続して続くと、淡白ですし、幼稚な文章に見えてしまいませんか?

 

是非文末の表現に気をつけて記事を書いてみて下さい^^そうすることで臨場感のある文章を書くことができます

5.共感される文章

f:id:hirasedaichi1:20190112170814j:plain

共感される文章を書けると、読者が書き手に対して親近感をいだき、そのまま読み進めてくれることがあります。


親近感のある文章の書き方は以下のとおりです

  • 自分のことを書く
  • あるあるネタをかく

詳しくみていきましょう

 

5-1 自分のことを書く

これはコミュニケーションにおいてもそうですが、ある程度自己開示をしないと相手とは仲良くなれません。

 

人間は相手と類似点を見出したときに親近感を抱く生き物だからです。

 

そのため、文中に自分の情報を落とすことが大切になります。

 

これは、書く記事のないようによっては控えたほうがいい場合もありますが、そうでなければ積極的に自己開示を行っていった方がよいでしょう。

 

5-2 あるあるネタを書く

おおくの方が「あるよね~」とおもうような表現をすることで、相手からの共感を得ることができます。例えば

 

「なんとなくyoutubeをみていたら気づけば2時間経っていた、なんてことざらですよね笑」

などです。

 

このようにあるあるネタを書くことで、相手からの共感を得やすくなります。

 

おすすめの本の紹介

 

今回の記事を書くにあたってこちらの本が大変参考になりました

 

文章の書き方もそうですが、アフィリエイトや自分の商品を売るための考え方も書いてあり、これを読むだけで

  • 商品を購入させる文章の書き方
  • 基本的な文章の書き方
  • SEOを意識した文章の書き方

などブログ運営に関る貴重な情報を仕入れることができます。

 

今後「ブログで食っていくんや!」と考えている方は1冊は持っておくべき本だとおもいます

まとめ

 

以上、ブログの文章で気をつけたい5つの項目でした、いかがでしたでしょうか?

  • 分かりやすい文章
  • 説得力のある文章
  • 感情を揺さぶる文章
  • 臨場感のある文章
  • 共感される文章

これを意識するだけでも、文章力はグッとあがります。

 

是非参考にしてみてください^^

 

以上、ヒラセでした!それでは、また!