4畳半のスキマから

日々学んだことを垂れ流すブログ

簡単!ギター初心者でも作曲できる!理論抜きでメロディにコードをつける方法

f:id:hirasedaichi1:20181230231637j:plain


こんにちは、ヒラセです

 

「ギターは弾けるけど、作曲ができない、メロディにコードが載せられない」

「理論なんかどうでもいいから、さっさとメロディにコードをつけたい」

 

こんなふうに悩んでいませんか?

 

実は初心者が作曲するために知っておくべきコードはそんなに多くないんです。しかもかなり簡単なコードで作曲することができます

 

ココでは、作曲するために知っておくべきコードの紹介と、具体的にどのようにしてメロディに対してコードをつけていくかを紹介したいと思います

 

 

ギター初心者が知っておくべき作曲に必要なコード

 

作曲に必要なコードを紹介します。それは

 

C、D、Dm、Em、F、G、A、Am、Bmです

 

少しでもギターを触ったことのある方なら分かると思いますが、これらのコードは難しいコードではありません。実はこんなに簡単なコードだけでどんなメロディにも対応することができます

 

そのためには、このコードと+カポタストを使います

www.youtube.com

*カポって何?ってかたはこちらから

 

カポを使うと自由にコードのキーを変えることができるようになります

 

例えば2フレット目にカポをつけてCのコードを弾くと、Cを引いていてもDの音がなります

 

このカポと、紹介したコードを使えば誰でも簡単にメロディにたいしてコードをつけることができます^^

 

それでは具体的なやりかたについて説明していきたいと思います!

 

メロディにコードをつける方法

 

やりかたはとても簡単です。

 

1.まずはメロディを考えます

 

2歌いながら上で紹介したコードを片っ端から引いていき、あうものを探します。この時点ではまだカポはつけません

 

3、あわなければカポを1フレット目につけます

 

4..2をまた行ないます

 

5なければカポを2フレット目につけます、このようにして最大6カポ目まで探し続けます

 

以上です

 

注意点として、最初のコードが見つかっても、次の合うコードがみつからない場合があります。

 

詳しい言及は避けますがそれが当然のことなので、その場合はまたカポを一つずらして探していってください

 

これを繰り返し行なえば6カポ目に行くまでに必ずメロディ全てに合うものがあります

 

詳しい説明は避けますが、これはG、Em、C、Amのダイアトニックコードとカポを使ってキーの特定を行なっています

 

これについてはまた後日詳しい記事をかきますね^^

 

・まとめ

 

いかがだったでしょうか?とても簡単ですよね!詳しい理論はあとから勉強すればいいんです。それよりも先に曲が作れるようになった方が楽しいと思います!

 

是非曲作りにチャレンジしてみてください!