4畳半のスキマから

日々学んだことを垂れ流すブログ

モテないひとの話し方の特徴

f:id:hirasedaichi1:20181226132332j:plain

こんにちは、ヒラセです

 

「何で俺、こんなにモテないんだろう?」

 

「もっと、周りの人に好かれる人になりたいなあ」

 

と考えているあなたに向けて、モテないひとの話し方の特徴と題しまして、記事を書いていきたいと思います

 

といっても、筆者もモテマセン^^:

 

ので、今回も偉大なるDAIGO先生から、モテテクニックを学んできましたので共有していきたいと思います!

 

この記事では

 

・モテない人の話し方の特徴が分かる

・モテるにはどのように話を進めていけばいいのかが分かる

 

 モテないひとの話し方の特徴

 

モテない人の話し方の特徴は、人の話を聞いてあげるのがへたくそという点です。

 

「え、話し方の話じゃないの?」と思った方もいるかもしれませんが

 

実は、モテるために自分からめちゃくちゃ話す必要はありません。

 

大切なのは質問力と、質問回数です。

 

いかに相手に話させるか、相手の話を聞きだせるかが大切です

 

ではココから詳しく見ていきたいとおもいます。

 

モテない人の話し方の特徴は質問の仕方が悪い

 

質問の上手にするにはフォローアップクエスチョンを利用してあげるとよいでしょう

 

フォローアップクエスチョンは俗にいう「オウム返し」を改良したもので

 

あいての話のキーワードを、そっくりそのまま返してそこに質問を付け加えるというものです

 

こうすることで相手は、「自分の話を聞いてもらえている!」と感じることができ

 

自分に対して好意を抱いてもらえることにつながります

 

よく、会話が続かない人っていますよね?

 

その人は自分ではうまい返しをしているつもりでもこのフォローアップクエスチョンができていないんですね

 

まずは、相手の話を聞く。そして相手に話させる。

 

この傾聴するというスタイルが、人間関係をうまく回すためのコツになるそうです

 

モテない人の話し方の特徴は質問の回数が足りていない

 

ある研究で初対面の男女を複数観察して、どのような話し方をしている人がモテるのか(2回目のデートにこぎつけるのか)を調べた実験があります

 

この実験によると15分の間に9回以上質問をしていた人の方がモテていたそうです

 

「15分間に9回も?」と思った方も多いと思います。僕もそう思いました。うざくない?と

 

しかし研究では質問が多ければ多いほど相手からの好意を受けやすくなっています

 

うざがられないために大切なのがフォローアップクエスチョンです。

 

モテる人の質問は相手の関心を次々に引き出して相手を楽しませることが上手なんですね。

 

ぼくもそうですし、この記事を読んでくれている読者のかたもそうだとおもいますが、人間は自分の話がしたい生き物ですし

 

自分に興味を持ってくれる人に好意を抱く生き物なんですね

 

とくによいのは、相手の自慢話を聞いてあげることです

 

相手の自慢話を聞いてあげる好意は実は脳にとって相手に大金を与えているのと同じくらいの効果があるんですね

 

このテクニックを使って人脈を増やすこともできます。それに関してはこちらの記事で

 

www.good-life.club

 

 

モテないひとの話し方の特徴は近況を聞かないこと

 

相手は自分の近況を聞いてくれる人に親近感をいだきます。

 

「最近なにしてるの?」とか「最近の調子はどう?」など相手の行動と相手の感情をきいてあげると親近感が湧きます

 

友達が増えない、モテないと悩んでいる方はこういう当たり前のところをないがしろにしているのかもしれません。

 

是非普段の自分の人との関り方を見直してみてください。自分の話ばかりしていませんか?

 

 

・まとめ

 

モテない人の特徴は質問のしかたと、質問の回数です。意識するとよいのはあいかに相手に気持ちよく話してもらうかというところです

 

自分の話がしたくなるのは当然ですし、モテるためには適度に自分の話もしないといけませんが、そればかりにならないように気をつけましょう

 

以上モテない人の話し方の特徴でした!ばいびー!