4畳半のスキマから

日々学んだことを垂れ流すブログ

朝スッキリ起きるための方法

f:id:hirasedaichi1:20181220075451j:plain

 

おはようございます、ヒラセです

 

みなさん、朝スッキリ起きれますか?

 

僕も朝起きるのがすごく苦手で、「早起きむり~・・・」ってなってたんですが、メンタリストのDAIGOさんの朝スッキリ起きる方法という講座をみて実践してみたところ朝の早起きが得意になりました!

 

今では朝の5時に起きてそこからバリバリ活動しています笑

 

そんな、朝スッキリ起きる方法を皆さんに共有したいと思いますので是非参考にしてみてください!

 

それではいってみよ~

 ・朝スッキリ起きるには睡眠制限療法

 

過去に「最高の睡眠方法はないのか?」と徹底的に調べた学者がいて、その学者さんは睡眠に関するあらゆる論文を調査し実践と改良を加えていきました。

 

そこで生み出されたのが睡眠制限療法になります。睡眠制限療法を適切に行なうと、約1週間ほどで睡眠のリズムがなおり、朝スッキリ起きることが可能になります。

 

では睡眠制限療法は具体的にどのように行なうのでしょうか?

ここでは5つのステップに分けてみていきたいと思います。

 

1. 眠くなった時にベットにはいる

 

睡眠リズムを正そうと思い、夜早めにベットに入ったはいいもののなかなか寝付けない・・・そんな経験は誰しもがあると思います。

 

眠くないのに早く寝ようとベットに入ると、逆に寝なきゃとゆうプレッシャーで眠れなくなってしまいます。

 

そうではなく自然な眠気を待ち、眠くなった時にベットに入る。まずはこれが朝スッキリ起きるために必要になってきます。

 

2. ベットを睡眠目的以外で使用しない

 

ベットの上でスマホを触ったり、漫画を読んだり、PCをいじったりする人が多いと思いますが、ベットを睡眠以外の目的で使用するのは睡眠にはよくありません。

 

なぜかというと、ベットで睡眠以外のことを行なっていると脳が「ベットは睡眠以外のこともしていい場所なんだね、うへへ」状態になり、なかなか寝付けなくなるからです。

 

ベットを睡眠以外の目的で使用している方は、まず脳に「ここは睡眠で使う場所なんだよ、わかった?」と脳に教えてあげる必要があります。

 

そうすることで、ベットに入ると自然に眠気が出てくるようになります。

 

3. ベットに入って10分以上眠れなかったらベットから出る

 

ベットに入っても10分以上眠れなかったら、ベットからでてください。寝室があるなら一旦部屋からでて別の部屋に行きましょう。布団で寝ている人は一旦布団をたたんでください。

 

4. 再び眠気を待つ

 

眠れなくて、ベットや布団から出たらまた自然な眠気を待ちます。DAIGOさんがおすすめしていたのは読書です。

 

脳が覚醒しない程度の明かりをつけ、読書をしながら眠気を待ちます。

 

そしてまた眠気がきたらベットに入り眠りにつきます。ステップ1でも述べましたが大事なのは自然な眠気をまつこと。無理に眠ろうとしないことです。

 

5. 朝の時間は絶対に固定

 

ここが一番大切でどんなに眠れなくても、起きる時間は固定します。ここが睡眠制限療法のミソです。

 

睡眠制限療法は体の睡眠のリズムを一定に戻すための方法です。

 

起きる時間を固定することによって、夜に自然な眠気が来るように調整してあげなくてはいけません。朝スッキリ起きるためにはやはり夜早めに眠る必要があります。

 

そのためにも朝起きる時間だけは何が何でも死守してください。

 

・昼寝15分は夜の睡眠3時間分と同じ

 

 どうしても眠れなかった、十分な睡眠時間が取れなくて日中頭がぼーっとする。そんなこともあると思います。

 

実は昼寝を15分取ると、夜の睡眠の3時間分を補うことができるのです。

 

眠り過ぎないために、昼寝を取る前にコーヒーを飲んでください。

 

カフェインは摂取してから20~30分後に効果が現れますから、目覚めよく起きることができます。

 

これで日中の活動も大丈夫になるのでぜひ睡眠時間が足りていない人は試してみてください!

 

・まとめ

 睡眠制限療法を行なうことで早起きがつらくなくなりました。

 

朝に活動を開始することは実はいいことだらけで、午前中早い時間から活動を開始するとdeep workという集中状態にはいり、その日やら無くてはいけないことがあっというまにおわります

 

 

www.good-life.club

 

朝起きれるようになると1日が長く感じられ楽しくなりますから、かなりおすすめです!

 

是非この機会に朝スッキリ起きるための睡眠制限療法を試してみてはいかがでしょうか?

 

AIGOさんの講座はこちらから!
www.nicovideo.jp