4畳半のスキマから

日々学んだことを垂れ流すブログ

限られた人生を後悔しないための31の言葉

f:id:hirasedaichi1:20181220075813j:plain

 

 

こんにちは、ヒラセです

 

多くの先人たちが死ぬ間際に多くの言葉を残して去っていきます

 

「もっと家族を大切にしておけばよかった」

 

「もっとたくさん挑戦すればよかった」

 

僕らは「自分が死ぬのはまだまだ先だよ~」と安易に考えがちですいつかは必ずきますし、自分以外の家族や友人にもいつかはきます。

 

若いからこそ、僕らは先行く人達の言葉に耳を傾けて、そこからこれからの人生の糧とするべきではないでしょうか?

 

今回は人生を後悔しないための31の言葉ということで先人達の残していった言葉を紹介していきたいと思います。

 

 

 

・人生を後悔しないための31の言葉

・健康について

1. 健康に気をつかえばよかった

何かしらの病気で亡くなる方が多いですから、やはり若いうちから健康に気を使っておけばよかったと後悔する人が多いようです。

2. 運動する習慣を身につけて置けばよかった

歳をとってからだが動かなくなってからじゃ運動をはじめてももうからだが動かないなんてことが多いみたいです。しっかり今のうちに運動をする習慣をつけておいたほうがよいでしょう。

3. オーラルケアをもっときちんとしておけばよかった

若いころの偏った食生活や不規則な生活リズムによってあれた肌、や歯にたいしての後悔も多いようです。若いうちに化粧水などをつかって肌の管理をおこなったり、提起的に歯医者に行って口周りの健康を保つようにしましょう。

4. タバコをやめておけばよかった

タバコをやめておけばよかったと後悔する方も多いそうです。病気になってからでは遅いですから喫煙者のかたは後悔しないうちに禁煙に挑戦してみることをおすすめします。

5. 料理を学んでおけばよかった

僕にとってこの項目は意外でした。料理を通じて栄養についてくわしくなりますから、今のうちにもっと料理に挑戦してみようかなあ。

・挑戦と経験について

6. 体力があるうちにもっと旅をすればよかった

若いころは金がなく、歳をとると動く元気がないのでこのような後悔をする人が多いようですね。若い皆さんは今のうちにどんどん旅をしていろんなところを見て回るとよいでしょう。

7. 一芸を身につけておけばよかった

人に誇れるものを身につけなかったことに関しての後悔も多いようです。自分の好きなことを徹底的にみがいて自分の財産にできるように頑張りたいですね。

8. 自分の夢を優先すればよかった

他人の夢などのためだけに動いてきた人たちがこのような後悔を残していくそうです。自分のやりたいことが決まっている人はどんどん夢を追い求めましょう。

9. 躊躇せずにもっと動けばよかった

8番目に通ずるところがありますが、やりたいとおもったときにやらない理由を考えて動かなかったことに後悔を残していく人が多いそうです。やりたいと思ったら躊躇せず飛び込んでみましょう。

10. 人を妬まなければよかった

妬む行為は時間の無駄です。他人の言葉や行動に感情が惑わされて無駄な時間を使ってしまったことにたいしての後悔をしてしまうそう。

11. 自分の可能性にもっとかければよかった

9と通ずるものがありますが、ある分岐点で安全策をとってしまったことに対しての後悔が多いようです。可能性にかけて行動していった人たちのほうが充実した人生を送れるのでしょう

12. 井の中の蛙にならなけばよかった

狭い世界でとどまっていた自分に対しての後悔もあるそう。いまはSNSが盛んですから、大きいことをやっている人たちを見つけて決して狭い世界、狭い知見で人生を判断しないようにしましょう。

13. やりたくない仕事をはやくやめればよかった

やりたくない仕事をずるずる続けて時間を無駄にしたことを後悔する人も多いそうです。今やっている仕事に疑問を感じているならこの機会に自分の取り組みについてみなおしてみてはいかがでしょうか?

14. もっと勉強すればよかった

学ばなかったことに対しての後悔も多いそう。若いうちにたくさん勉強して、自身の教養を高めておきましょう。

15. 外国語を学んでおけばよかった

歳をとってから外国に旅行するかたが一定数いるようです。そのときに外国語を学んでも若いときほど吸収できず苦労するのだそう。

16. 一瞬一瞬に集中すればよかった

一瞬一瞬を大切にしなかったことへの後悔があるそう。後悔しないように、今打ち込めることに精一杯全力で打ち込んでみましょう

17. もっと情熱的になればよかった

もっとあつくなればよかったという後悔も一定数あるようです。少し自分がさめていると感じる人は後悔しないように感情を表に出せるような何かに取り組んでみましょう

18. 人生の目的を早く見つければよかった

人生の目的にもっと若いうちに気づけたらよかったと後悔する人が多いそう。早く遣りたいこと見つければそれに向かって取り組んでいる時間は楽しいですし、時間をいっぱいかけることが出来ますからね

19. もっとリスクに挑戦すればよかった

リスクを犯さなかったことに後悔を残す人も多いそうです。人は安全な道を選びがちですが本当に自分がやりたいことは何なのか、自分に問いかけてみてください。

20. 仕事ばかりせず、もっと趣味にいきればよかった

働きすぎたことを後悔する人も多いそうです。一定数の収入を得ることも大切ですが自分の好きなことに取り組む時間も大切な時間です。

21. 人前にたつようなことをすればよかった

人前に今まで立ってこなかった人達がこのような後悔を残すそう。小さなグループでもいいから自分から率先して前に出てみるとよいと思います。

・家族と友人 人間関係

22. もっと家族との時間を大切にすればよかった

やはり家族は大切ですから、仕事などに時間を費やしてしまって家族との時間を十分に確保できなかったことへの後悔はかなり多いようです。今一度自分の時間の使い方について考えてみてはいかがでしょうか?

23. もっと他人と交流すればよかった

いろんな人とであっていろんな価値観を学んだり交友関係を深めたりすればよかったという後悔も多いそうです。今そばにいてくれる友人との関係を今一度見直してみてはいかがでしょうか?

24. 悪い人間関係をもっと早く切っておけばよかった

他人に気を使ってしまって無駄な時間を使ってしまったことに対しての後悔があるそうです。いま付き合いたくない人と付き合っているならばっさり切っちゃいましょう。

25. もっと他人に貢献すればよかった

自分は他人にあまり貢献できなかった。と後悔するひとがいるそう。利己的にならず、自分の今の取り組みがどう他人のためになるのか考えると幸福度も高くなりそうですね!

26 愛する気持ちをもっと伝えればよかった

愛する人が亡くなってしまうとはあまり考えたくありませんが、ある日突然急にいなくなることも現実では起こりうるし、現におきています。何気ない日だからこそ愛する人への愛情を伝えることが大切なのではないでしょうか?

27 余計なことを心配しなければよかった

余計な心配に感情が振り回されてしまって時間を無駄にしてしまった後悔も一定数あるそう。気にしなくていいことはスルーしましょう。

28 喧嘩別れしなければよかった

一時の感情にながされて別れてしまったことに対しての後悔も多いそう。

別れる前に冷静になって、本当にそれでいいのか?と一度自分を見つめなおす時間が必要になるでしょう。

29. もっと子供に構ってあげればよかった

子供と触れ合う時間を十分にとってあげられなかったことに対しての後悔もあるみたいです。家族がいる方は早く家に帰って、子供達をいっぱい甘やかしてあげましょう

30. もっと恋のリスクを冒せばよかった

あのとき気持ちを伝えていれば、という後悔もあるそうです。好きな人ができたら怖くても気持ちを押し殺さずにちゃんとあいてに伝えましょう。

31 愛する人に感謝を伝えられなかった

家族や恋人など、愛する人がもうすでに亡くなっているときにこのような後悔を浮かべる人がいます。人間の一生は一度しかないと胸に刻んで、恥ずかしがらずに気持ちをきちんと伝えるようにしましょう。

 

・まとめ

いかがでしたでしょうか?刺さる言葉は見つかりましたか?

この言葉はメンタリストのDAIGOさんから教えていただいた言葉達です。

 

この中の一つでも誰かの胸に刺さり、行動が1つでも変わるのなら僕はこの記事を書いた甲斐があったと心からおもいます。

 

そして言葉をかえてもらってもいいですし、この記事を共有してもらってもいいですので、またあなたがだれかにこの言葉達を伝えたら10人に1人くらいは行動が変わるかもしれません。

 

AIGOさんの講座はこちらから!おすすめです!
www.nicovideo.jp