4畳半のスキマから

日々学んだことを垂れ流すブログ

疲れにくい体の作り方

f:id:hirasedaichi1:20181219102055j:plain

 

こんにちは、ヒラセです

 

「何もしていないのになんとなく体がだるい、疲れを感じる」

 

みなさんはこんな経験ありませんか?

 

疲れを感じていると行動する気になれずだらだら過ごしてしまいがちです

そうなると人間の幸福度はどんどん下がっていってしまいます。

 

ここでは、そんな方のために、疲れにくい体の作り方を紹介したいと思います

 

 ・疲れやすいのはテストテロンが不足しているから

 

現代人の疲れを感じる大きな原因の一つにテストテロンが不足している、というものがあります。

 

テストセロンというと聞きなれないかもしれませんが、簡単に言うと男性ホルモンのことです。

 

テストテロンは疲れを感じさせづらくさせる効果があります。ですのでテストテロンが多い人ほどより活発に動くことが出来るのです。

 

つまり、疲れにくい体の作り方を考えるということは、如何にしてこのテストテロンを増やすのかを考えるということと同じです。

 

ここではテストテロンを増やす、あるいは保つための具体的な取り組みを8つ、ご紹介したいと思います

 

・テストテロンの増やし方、保ち方

1.体脂肪を減らして、筋肉量を増やす

 

体脂肪を減らして、筋肉量を増やすことでテストテロンを増やすことができます。

 

さきほどテストテロンは男性ホルモンであるといいました。

体が締まっていて体が鍛えられている人の方が男らしいですよね?

 

男らしい体を作るように心がければ自然とテストテロンを増やすことが可能になるのです

 

体脂肪を落とすには、炭水化物が1日の摂取カロリーの20~40%。たんぱく質が20~25%になるように調整してあげるとよいです。

 

またたんぱく質には空腹感を抑える作用があるので、いつも食べ過ぎてしまう方は朝にたんぱく質の多い食材を食べることをおすすめします

 

2.睡眠を5時間以上確保する

 

テストテロンは睡眠時間が5時間以下になると15%以上減少してしまいます、逆に睡眠時間が1時間増えるごとに15パーセントづつ回復していきます。

 

仕事や勉強が終わらないからといって、睡眠時間を削ってまで無理をしていると疲れを溜め込んでしまいテストテロンの減少によって翌日以降のパフォーマンスも落ちてしまいます。

 

消して無理はせず、睡眠時間はきちんと確保しましょう

 

3.ストレスを抑える

 

ストレスはテストテロンを破壊してしまいます。現代人の多くが疲労感に悩まされているのはこのストレスによるテストテロンの破壊が大きな原因の一つでしょう。

 

ストレスと上手に向き合っていくには、セルフコントロール能力を鍛えるとよいでしょう。

 

セルフコントロール能力を鍛えることによってストレスを受け流す能力が身につきます。

 

セルフコントロール能力とは自制心のことで、自制心は前頭葉という脳の一部がつかさどっています。自制心を保つには前頭葉を鍛える必要があるのですね。

自制心の保ち方についてはこちらをご覧ください

 

www.good-life.club

 またストレスを抑える方法として、ホスフィチシルセリンの含まれるサプリを摂取する方法があります

 

このホスフィチシルセリンはストレスを抑える作用があり、結果テストセロンの破壊を防いでくれます。

 

ストレスを感じたときはしっかりと息抜きをすることが必要です

 

4飲酒、加工食品を控える

 

飲酒や加工食品もテストテロンの分泌を抑える効果があるのでなるべく控えた方がいいです。参考にさせていただいたDAIGOさんの動画の紹介だとワイングラス2杯以上の飲酒になるとテストテロンが減少するのだとか。

 

お酒のつまみにベーコンやハムなどを食べている人はより注意が必要ですね

疲れを感じているときはなるべく控えるようにしましょう。

 

5.人と競争できるような目標を立てる

 

テストテロンは男性ホルモンですから、人との競争や闘争心によって分泌されます。

誰かと競えるような目標などをたてることでより多くテストテロンが分泌されることになり、その結果疲れにくい体を作ることができます

 

もしやりたい活動、やっている活動があるのならば仲間を見つけることで張りのある生活をおくることができるようになります

 

6.筋トレをする

 

先ほど体を絞るとよいという話をしましたが、運動中にもテストテロンが分泌されるので筋トレは20の意味でおすすめです。

 

簡単なリズム運動しながら作業をすると、集中できるので是非試してみてください!

 

ちなみに私は項目4あたりを書いているときに疲れてきましたのでバービーをやって部屋でぴょんぴょん跳ねてました笑

7.コーヒーを飲む

 

コーヒーを飲むとテストテロンが14%も上昇するそうです。効果が見られるのはだいたいコーヒーカップ2杯分くらいからだそう

 

仕事中や仕事の休憩時間に眠気覚ましとしてコーヒーを飲む方は多いと思いますが、実は疲れにくい体をつくる効果もあったんですね

 

かといって、コーヒーの飲みすぎで眠れなくなったらそれはそれで本末転倒ですのでほどほどにしといてくださいね^^:

8.水不足

 

体の水分が1~2%での抜けると体のストレスホルモンが激増しテストテロンが破壊されてしまいます。

 

ですので、水分は1時間おきなど、こまめに取るようにしましょう!

・まとめ

今回挙げた項目はこちらです!

 

1.体脂肪を減らして、筋肉量を増やす

2.睡眠を5時間以上確保する

3.ストレスを抑える

4飲酒、加工食品を控える

5.人と競争できるような目標を立てる

6.筋トレをする

7.コーヒーを飲む

8.水不足

 

 

まずは自分の取り組みやすいものなどからはじめてはいかがでしょうか?

 

ワタシもこの記事が書き終わったのでコーヒーでも飲もうかな

 

DAIGOさんの講座はこちらからどうぞ!
www.nicovideo.jp