4畳半のスキマから

日々学んだことを垂れ流すブログ

メンタリストDAIGOに学ぶ、本当のセルフブランディングのやり方

 

f:id:hirasedaichi1:20181219101538j:plain

 

こんにちは、ヒラセです

 

ビジネスをこれから個人で始めようという方や、もっと自分の影響力をつけたいという方にとってセルフブランディングはとても関心の高いテーマだと思います

 

「どうやったら、もっと多くの人が振り向いてくれるんだろう?」

「どうやったらSNSのフォロワーをおおく獲得できるんだろう?」

 

そんなセルフブランディングのやり方をDAIGOさんがニコニコの講座のほうで自身の経験を踏まえて解説されていましたので簡単にまとめて共有したいと思います。

 

AIGOさんのことを良く知らない方のために説明すると

テレビでパフォーマーとして広く世間に認知されたあと絶頂期に引退発言。その後執筆やコンサル業、公演などを行いつつ動画配信サイトにて世間の関心にあわせて分かりやすく知識を提供する活動を開始。現在はニコニコ動画の有料チャンネル登録者数が5万人を突破し、さらにこれからも登録者は伸びていくだろうといった感じです。

 

まさに自分の活かし方を理解し、メディアをうまく利用したセルフブランディングの成功例だといえます。

 

そんなDAIGOさんのブランディング論ですから、目を通しておいて損はないと思います

 

では、やっていきましょうか

 

 ・セルフブランディングはできません

 

ブランディングと聞くと自分をいかに良く見せるかということを考えがちですが、それはただ偽っているだけでブランディングとは言いませんし偽ることは精神的にもよろしくありません。

 

自分にないものは、見せることが出来ないのです。大切なのは自分が何を持っているのか、人とは違う武器は何なのかと言うことをおっしゃっています。

 

非常に同感で、正直セルフブランディングに関しては適切なアウトプットと自分の武器を見定めることが出来ていればあとは自然と結果はついてくるのではないかと思っています。

 

僕は以前こんなツイートをしました

 

ツイートしても全然反応して貰えませんでしたが^^:

 

ツイッターを見ていると、フォロワーを増やそうという動きは盛んなんですけどせこい方法ばかりでそういう人達にカギって小手先のテクニックばかりで中身が無かったりするんですよね

 

なので、ああやっぱりそうだよなあ、ちゃんと自分の価値を高めないとテクニックばかりじゃ意味ないよなあと改めて思いました。

 

ブランディングとは違いますが、将棋の羽生善治さんも「新しい型を学んだり、他者の大局を勉強することも大事ですが、自分の型(スタイル)を磨くのも大事だと思います」と語られていました。

 

筋肉ついてないのに50kgのバーベル上げれるかといわれたら、あげられないですよね?いくら手首の向きとか腕の使い方とか考えても無駄です。

 

自分をブランディングしたいなら、完璧じゃなくてもいいから、まずは自分の価値を高める努力をしましょう。話はきっとそこからなんだろうなと思います。

 

・個人ならではの強み

 

企業だと組織で動くのでどうしても自由が利かない部分があったり、すぐに実行に移せない部分が必ずあると思います。

 

個人でビジネスをする利点はフットワークの軽さだといっていいでしょう。

 

AIGOさんも個人でしか出来ないことをやれ、おっしゃっていました。

 

セルフブランディングのために色々試して数をうってみることも大切だと思います。それが出来るのが個人の強みですからね

 

ブランディングに関しては人の意見を聞くな

 

ネットでは個人の成功者ってたくさんいますから、その人達がブランディングに関していろいろノウハウを公開していると思います。

 

情報に触れてうまみをもらうことは大切だと思いますし、ぼくもこうやってDAIGOさんのノウハウをいいと思って学んで共有しているわけですが、だからといって全部を鵜呑みにしてはいけないし、あくまで自然なブランディングは自分と向き合って自分の武器を磨くことであるので意見の聞きすぎはよくないと思います。

 

講座の中ではDAIGOさんは「自分が社会にあわせるんじゃなくて、社会が自分に合わせるくらいの考えでいけ」とおっしゃっていました。

 

既存の価値観や常識にとらわれないで自分の頭で物事を考えていくのが大切ではないでしょうか?

 

・やらなくていいことは削る

 

1日は24時間でみな平等です。さっきの話でも出しましたがいかに自分の武器を磨いてとがらせるかがブランディングにおいては大事です。

 

まずは一つ一つ武器をみがいていくことが大切ではないでしょうか?

 

さび付いた剣が10本合ったところで戦えませんよね?それより切れ味抜群の剣が1本合った方が戦っていけると思います。

 

中途半端にやりたいこと、やっていることは削りましょう。

そうすればより、一つの武器を磨くことに専念できると思います。

 

・まとめ

セルフブランディングのコツはいかにして自分の武器を磨くか。

 

まずは自分の武器ってなんなんだろうって考えてみてください。

 

そして武器を活かすにはどうしたらいいんだろう?と考えてみてください。

 

そうすれば自ずとブランディングは成功していくのだろうと、DAIGOさんの講座から学ばせていただきました。

 

講座の中では、認知された後の発展のさせ方などよりさきの展望を見据えた戦略についてもお話されていましたので、もっと詳しく見たい!というかたは是非、リンク先から講座のほうを覗いてみてください!

 

AIGOさんの講座はこちらから!


https://www.nicovideo.jp/watch/1437184883