4畳半のスキマから

日々学んだことを垂れ流すブログ

1日の成果を倍にする時間の使い方

f:id:hirasedaichi1:20181215155443j:plain

 

こんにちは、ヒラセです

 

以前僕はこんな記事を書きました

 

 

www.good-life.club

 

 じつはまだまだあったんです、時間術。

 

時間の使い方をいろんな角度から見直すことで、より一日を充実したものに出来るようにしたいとかんがえています

 

前回の記事とあわせてみることでより深く時間術について知ることができますよ!

 

今回もDAIGOさんの講座を元に記事を作成させていただきました

 

ではやっていきましょう!

 ・時間のロスはどこでおきている?

 

時間のロスは大きく2分けて2種類あります。

 

1つ目がまとまった時間の無駄遣い

2つ目が細かい時間を有効活用できていない

 

この2つです。それぞれの対策について見ていきましょう

・先読み能力の低さがまとまった時間の無駄を産んでいる

 

時間の使いかたが下手な人は、予定の立て方がへたくそなんです。本当は2時間かかる作業を30分と見積もったりします。この見積もりの甘さが、まだ大丈夫だろうと行動の開始を遅くし、作業を先延ばしにさせます。

 

予定を立てるのが下手なひとは、実際に作業にどのくらいかかるのかではなく、作業をどのくらいで終わらせたいかという願望で予定を組むからです。

 

願望で組むが故に予定を詰め込みすぎてしまい、達成できず自己嫌悪に陥る。うまく体も心も休まらない。きちんとした予定をたてないと生産性を保つことができません。

 

・予定の立て方

 

予定を立てるときは、実際に作業に対してどのくらいの時間がかかるのか把握しておかなければいけません。そのため普段いつも行なう作業に関してはストップウォッチを用いて自分がどのくらいその作業に時間がかかるのか、きちんと記録をとっておきましょう。

 

また人間は自分で意外と気づいていないだけで結構サボっています。だいたい1日の3分の1はサボっているのだそう。仮に8時間睡眠するとしたら活動時間は16時間。そのうち3/1はサボっていると考えると、一日に活動しているのはだいたい11時間程度となります。

 

それを考慮しないで予定を組むとだいたい失敗するので先に遊びの予定から入れてしまってそこからやるべきことの予定をいれてあげるとよいのかなと思います。

 

仮に予定通りうまくいかなかったんだったらきりかえてあきらめることも大切になってくるでしょう。

 

 予定の立て方についてはこちらにも色々かいております

 

www.good-life.club

 

 

・細かい時間の無駄をへらす

 

まとまった時間でなくても5分、15分、30分など細切れの時間がどうしても発生するとおもいます。その時間でやることを時間ごとにあらかじめ決めておくとよいです。

 

例えば5分ならメールの返信。15分なら文章の構成を練る、30分なら単語の勉強をするなどです。

コツとしては、迷わないために必ずそれぞれのじかんでやることは1種類にとどめておくことです。

 

また、作業中に他にやるべきことを思い出したりして行動が鈍るのももったいないので、一度紙に書き出えしておくと迷う時間がへるのだそう。そういう作業途中でおもいついた5分以上の仕事のことをバッチタスク(思いつき仕事)といいます。

 

バッチタスクは紙にかいてとりあえずおいておく、ばっちいものは不快だから捨てたりのけたりしますよね?そんな感じです

 

・NOという技術

 

自分の時間を失わないためには人からの誘いをことわる勇気も必要です。

 

相手からの印象をわるくせずに断るときには大義名分と理由付けが大切になってきます。大義名分はなんでもよく、例え相手がよく分かってなくても相手に理由を話すことが一番大切です。

 

それでも断るのが苦手、というかたはまずはYESを自分から選択してみましょう。

 

相手の誘いを断ってないんだからYESと言っているんじゃないの?とおもう方もいるかもしれません。しかし、そうではなくただ状況にながされてYESといっているだけで自分で選択したYESではないのです。

 

NOをいえない人はいままで状況に流されて、周りに流されて選択をしてきた人たちです。まずは誘われたらなんでも行ってみる。自分からYES選択することで自ずとNOも選択できるようになるそう。

 

まずは自分でYESを選択する。それが断るために必要な最初のステップです。

 

・まとめ

いつもうまく予定がこなせない人はそもそも最初からこなせない量を自らに課しているのです。今から1分以内に250km走るっていう計画はどう考えたって無謀ですよね?

 

そこで「ああ、おれは1分以内に走りきることができなかった・・・」と嘆いて自己嫌悪に陥っているようなもんです。

 

適度に余裕をもって予定をたてる、作業にかかる時間を把握しておく。それが無理な予定を立てないためのコツであり、結果として集中力があがり成果を倍にすることに繋がります。

 

みなさんもまずは予定の立て方から見直してみてはいかがでしょうか?

 

AIGOさんの講座はこちらから!おすすめです!

www.nicovideo.jp