4畳半のスキマから

日々学んだことを垂れ流すブログ

【DAIGOに学ぶ】脳に情報を定着させるための最強のノートの取り方

f:id:hirasedaichi1:20181215155523j:plain


 

こんにちは、ヒラセです

日常の中で学びたいことや大切なことをノートにメモをとることは普通にあるとおもいます。

 

ノートをとる目的は何でしょうか、記録するためですか?違いますよね

脳に学びたいこと「記憶」するためにノートをとりますよね?

 

実は、ある工夫をしながらノートを取ることでより記憶に残るようになるそうです。

 

メンタリストであり、企業のコンサルなどを行なっているDAIGOさんがそんなノートテクをオンライン講座で公開していたので、要点をまとめて簡単に共有したいと思います!

 

 ・ノートはあらゆる項目を1冊にまとめたほうがよい

普通学生さんだったら科目ごとにノートを分けると思います。そうでなくても目的ごとにノートを分けて使う方がほとんどだと思います。

 

しかしDAIGOさんは「ありとあらゆることを一つのノートでメモをとれ」といっています。もう思いついたらすぐに書く。ノートを一つにまとめることで大きく3つのメリットが得られるそう。

1.復習しやすい

いちいちノートを変えなくていいので、科目や目的ごとではなく今日一日という単位で復習することが可能になります。つまり復習が楽になるのですね。

 

1冊で管理することで気軽ですし、何より色々な項目で分かれているので見ていて空きがこないそう。

2.新しいアイディアが生まれる

ノートの垣根がなくなるので、人目でいろいろな情報が目につき、新しいアイディアが生まれやすくなる効果もあるそう。

 

またノートを取るときに気をつけることは丁寧に取り過ぎないこととおっしゃっていました。

 

ノートを取るときは忘れないことが先決なので、どこに書くとか、字がどうとか気にしているとどんどん情報が流れていってしまいます。

 

几帳面な人はノートに様々な情報が入っていることとか、字が汚いこととか気になるかもしれませんがあくまで脳に定着させるためのノートだということを意識しましょう。

 

3.学習へのやる気が上がる

 

ありとあらゆるメモを1冊のノートにまとめることで、ノートの消耗が早くなり、「俺は勉強を頑張っているんだ!」とモチベーションがあがるそうです。

 

ノート以外にも筆記用具なども使用した量が可視化できるほうがよいらしく、可能な限り自分の取り組みを可視化することがモチベーションを維持するコツだと述べていました。

 

AIGOさん自身がおこなっている工夫としては万年筆を使用していているそう。インクの消耗がはやく一日でなくなってしまうそうです笑 そうやって「今日も俺がんばったなあ」とモチベーションを高く保っているみたいです。

 

そこまで極端ではなくても自分のとりくみを可視化できるような工夫を生活の中にとりいれるとよいでしょう。

 

・ノートの取り方が劇的に変わる3ワードノート術

 

ここからは実際にDAIGOさんから学んだノート術をもとに画像つきで解説していきたいとおもいます。

 

今回は本から学んだ知識をメモという例でノートの取り方を例にノートを取っていきます。

 

 

f:id:hirasedaichi1:20181215185736j:plain

 

まず下準備としてノートの背ではないほう(ぴらぴらめくるほう)の3分の1のところに線を引きます。これについては後ほど解説します。

 

本にかぎらず、ある事柄について自分の大事だなと思ったキーワードを3つ書きます

 

ここでは「伝わる力」という本の128p「ミントンモデル」「LABプロファイル」「意識」の3つのキーワードをメモしました。

 

その際、なるべく隙間を空けて後から書き込めるようにしておきます。基本的にノートを取る段階ではこれでOKです。大切なのはノートを見返すときです。

 

見返したときに3つのキーワードから何についてメモをとったのか思い出せるか確認します。思い出せたらとくに何もせず、覚えているという証にニッコリマークをつけます(マークは何でもいいが、ニッコリマークが一番記憶に残るそう)

 

反対に覚えてなかったときは分からないキーワードについてもう一度調べて可能な限り少ない情報を書き込みます。

f:id:hirasedaichi1:20181215185834j:plain

そしてまた時間をおいてノートを見たときに自分がその書き込んだ情報で分かるかどうか確認します。分からなければまた別の色であらたに情報を書き込みます。

 

こうすることで、覚えている情報と覚えていない、あるいは覚えにくい情報を整理することができ結果記憶に素早く情報をインプットすることができます。

 

じゃあなんでも3つのキーワードで書くのかというとそんなことはなく自分の思ったことや、いいとおもった言葉などとらわれることなく書き込んでいくことが大切で、実際講義中もなにやらちょこちょこ書き込んでいました。

・ノートが問題集に変わる

 

 

f:id:hirasedaichi1:20181215192601j:plain

 

f:id:hirasedaichi1:20181215192610j:plain

 

残りの3分の1について説明します。残りのスペースに書き込んだキーワードに関連する問題をつくります。そして先ほど引いた線をもとに折り目をつけることで自作の問題集のできあがりです。

 

こうすることでより効率よく復習ができ脳への定着を促すことが可能です

 

・まとめ

 

今回の講座をみていてこの人は本当に細部の細部までこだわりぬいているのだなーとひしひしと感じました。

 

今度から僕もこのテクニックを参考にさせてもらって、効率のよく知識を脳にいれていいたいとおもいます!

その他学習法についてはこちら

 

 

www.good-life.club

 

 

www.good-life.club

 

 DAIGOさんの講座はこちらから!おすすめです!


https://www.nicovideo.jp/watch/1435421540