4畳半のスキマから

日々学んだことを垂れ流すブログ

集中力を自在に操る「自分の関心を見極める力」

f:id:hirasedaichi1:20190116180458j:plain




こんにちは、ヒラセです。

 

なんかあんまり集中できないなーってときあると思います。

 

集中しているときって作業めっちゃ渋るし、勉強なら学習効率もめっちゃくちゃいいですよね。僕は学習効率=集中力×時間だと思ってます。まあそれは置いといて

 

集中が続かないときの原因って単にその人の気質もあるだろうし、疲れとかもあるだろうし一概にこれだっていうのはないと思うんだけど、対象への関心があるかないかってめっちゃ大きいと思う

 

分かりやすいのが恋愛とか。好きな人の話ならメッチャ集中してきくでしょう?片思い中なら教室のはじから聞き耳を立ててその人の話盗み聞きしてたり。対象への関心の有無って集中力におおきな影響を与えてると思うんです

 

読書を例に出して具体的にやっていることというと、僕は本を読んだりするときに「今この本読みたいから読んでるのか?」ってことを意識しています。変なところでまじめなので、どの本を読もうか考えているときに「あ、この本読まなきゃ、読んだ方がいい」って考えるときがあるんです

 

でもそれは読まないといけない本であって読みたい本ではないんですね。もちろん読まなきゃっておもっているので関心は少なからずあります。しかし、心のそこから読みたいと思っていないので学習効率が落ちるんですよね。

 

そういうときは、タイミングじゃないなと思って読むのを見送ったりします。そうやって読みたい本と読まなきゃいけない本が合致したときに初めてそのほんを読みます。それが一番頭にはいるからね。

 

読みたいと思った本でも目次によっては興味がなかったり、ちょっと読むのに抵抗があるときはがんがん飛ばします。だって興味ないんだもん。

 

やっていくうちに集中していくみたいなのももちろんあるから、状況に応じていろいろ自分で使いわけてみたらいいとおもうんだけど、なんか集中できないなあとか思う人はどうしたら関心持って取り組めるんだろうって考えてみるといいかもしれませんね